*

福士加代子のcup?出身?下品!タトゥー?初マラソン!インタビュー?嫌い!性格?兄!結婚?

公開日: : スポーツ

 

福士加代子のcup?出身?下品!タトゥー?初マラソン!インタビュー?嫌い!性格?兄!結婚?

引用元:http://akatsuki18.hatenablog.com/

福士加代子さんの良く検索されるキーワード

カップ出身下品タトゥー初マラソン

インタビュー嫌い性格結婚など

福士加代子さんを調査しました。

 

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

福士加代子さんのカップや出身は?

福士加代子さんのカップなどのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:福士加代子(ふくしかよこ)Kayoko Fukushi

出身地:青森県北津軽郡板柳町出身

身長・体重: 161㎝・45㎏

年齢:33歳

生年月日:1982年3月25日

血液型:A型

カップ: Aカップ(推定)

高校:青森県立五所川原工業高校機械科卒業

所属:ワコール

愛称:みちのくの爆走娘

 

福士加代子さんは高校時代は、注目されるような実績はなく、

インターハイや国体でも何とか決勝に入るくらいだったそうです。

 

ワコールへ入社してから、才能が開花したようですね。

 

2000年世界ジュニア5000m4位を皮切りに、

オリンピックや世界選手権に8度も出場しています。

 

2002年に横浜国際女子駅伝の2区10kmを30分で走り

区間新記録を叩き出します。

 

その甲斐あってかチームは優勝しました。

 

昨年のモスクワ世界選手権大会女子マラソンで3位に入り、

悲願の初メダルを獲得しました。

 

ハーフマラソンのアジア記録(1時間 07分26秒)

3000&5000mの日本記録保持者(それぞれ8分44秒40、14分53秒22)

 

福士加代子さん、下品な言動でタトゥー疑惑?

福士加代子さんの言動が下品と言われていて、

そのせいでタトゥーを入れていてもおかしくないのでは?

 

と言われ皆さん検索されているようですね。

 

しかし、福士加代子さんはタトゥーを入れている画像も

ありませんでしたから、ガセだと思います。

 

下品な言動だからタトゥーを入れているなんて

軽はずみな考えですね。

 

初マラソンで転倒!

初マラソンに出るまでは、5000m、10000mで

向かうところ敵なしの状態だったので

 

初マラソンも少しなめたところがあったようですね。

2008年に大阪国際女子マラソンで初マラソンを走ります。

 

スタート直後からハイペースで飛び出し、序盤は

日本記録を更新するほどのペースで走っていました。

 

しかし、30km以降急激にペースダウンし

何度も転倒しながら何とか19位でゴール。

 

やはりマラソンはペース配分が大切だと

思い知ったそうで、それ以降は自分のペース配分を

 

考えながら走っているそうです。

 

2012年に再度大阪国際女子マラソンに出場しますが、

27㎞辺りからペースダウンしてしまい、結局3位となります。

 

前回の初マラソンの時の経験が、

トラウマになっているのではないか?とも言われ

 

脳科学の先生に相談しトラウマを解くコツを

教えてもらったりもしたそうですね。

 

インタビューがふざけていて嫌い?

残り1㎞で逆転されて優勝を逃した時に、

笑顔で走っていて、インタビューも笑顔で悔しがっていたのが

 

ふざけていて嫌いだと思われる方が多いようなのですが、

走っている最中は、つらい時ほど笑顔で走れと

 

恩師からアドバイスを受けていて、

それを実践していたそうです。

 

つらい時につらい顔をしていても何も変わらない

笑顔でいれば、体も笑顔に反応して動くようになる

 

力が湧いてくると言われたそうです。

なるほど、確かにそうかも…と思います。

 

それにしてもフルマラソンを完走した後

お行儀よくインタビューに応じること出来るの?

 

もう少し時間を置いてからインタビューした方が

良いのではないかと思います。

 

福士加代子さんの性格は?

本人曰く、性格は負けず嫌いだそうです。

勝負や相手に負けたくないと思っていたそうですね。

 

そんな負けず嫌いな性格を、

ワコールのメンタルトレーニングで

 

相手に負けないのではなく、自分自身に負けないように

トレーニングするように変えていった結果

 

記録がぐいぐいと伸びていったそうですね。

 

福士加代子さんは兄にそっくり?

2016年の大阪国際女子マラソンに応援で来ていた

福士加代子さんのおさんと顔がそっくりだと

 

武井壮さんがインタビューしていたのを

猫ひろしさんが、驚きをつぶやいています。

 

猫ひろし@cathiroshi
福士加代子選手のおちゃん、福士選手と顔似すぎ!

兄弟だから当然だけど、凄い似てたな。

 

そして福士選手速い!後半も楽しみ!

 

画像を探しましたが、残念ながらありませんでした。

 

福士加代子さんの彼氏は?結婚するの?

福士加代子さんは現在33歳です。

もう結婚していても良い年齢なのですが…

 

結婚はしていませんが、彼氏は居るようですね。

彼氏は、トライアスロンの山本良介選手だそうです。

 

お付き合いも隠してるわけではないので、

福士加代子さんの性格からして

 

こそこそとお付き合いするのは似合わないですね(笑)

写真もありました。

 

福士加代子さんと結婚しそうな彼氏の写真は⇒こちら

 

福士加代子さん500万円もらう!

 

大阪国際女子マラソンを2時間22分17秒で制した

福士加代子(ワコール)に1日、日本実業団陸上競技連合から

 

「プロジェクトエクシード」賞として500万円が贈られた。

ワコールの永山忠幸監督とチームには計250万円が授与された。

 

レースから一夜明け、大阪市内であった表彰式に出席した福士は、

「ラッキー」と笑顔を見せた。

 

同制度は、2020年の東京五輪でマラソンのメダリスト輩出を目指し、

昨夏に創設された。福士が初受賞となる。

 

同制度は一獲千金の夢があり、最高賞金として、

マラソンの日本記録(男子2時間6分16秒、女子2時間19分12秒)

 

を破った選手には1億円が贈られる。

福士は「次は1億を狙って頑張りたい」と話した。

 

〔朝日新聞デジタルより引用〕

 

こんな賞があるとスポーツ選手にとってやりがいになるでしょうね。

 

ほかの国と違って、日本はオリンピックで金メダルをとっても

大金がもらえるわけではないので…

 

最近は少しずつ変わって来てはいますけど。

 

それにしても、大阪国際女子マラソン優勝見事でした。

おめでとうございます。

 

ロンドン五輪後に公表された日本陸連の設定記録を突破したのは、

男女を通じて今回の福士が初めて。

 

日本女子の22分30秒切りは07年11月東京国際の野口以来、

実に8年ぶりだ。

 

日本陸連の酒井勝充強化副委員長が「リオに向けて一歩進んだ」

と語ったように、止まっていた時計の針を前に進めた意味は小さくない。

 

かつて日本女子マラソンは世界の中心で輝いていた。

1992年バルセロナ、96年アトランタと2大会連続で

 

五輪メダリストになった有森裕子がいて、

00年代初頭には高橋、野口、渋井陽子(三井住友海上)と

2時間20分を切る選手たちがそろっていた。

 

しかし、その後、アフリカ勢の台頭もあり、

野口が左太もも肉離れで欠場した北京、

 

そしてロンドンと入賞すら手にできていない。

いわば“断絶”が続いている。

 

「福士が次の世代の、女子マラソンのけん引役にならないと」と

永山監督は力を込め、福士は「リオの金メダル」と

目標を高らかに宣言した。

 

日本女子マラソンの日は再び昇るのか――。

 

答えは、33歳のベテランが「わが道」を貫いた先に

見えてくるのかもしれない。

 

リオの金メダル目指して頑張ってほしいですね。

ここまでお読みいただきありがとうございます。

 

1 >>次のページヘ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑