*

淵上泰史のWiki?安達祐実と花宵道中!Google!CM?彼女?映画?ドラマ?サッカー!

公開日: : モデル, 俳優, 舞台

淵上泰史のWiki?安達祐実と花宵道中!Google!CM?彼女?映画?ドラマ?サッカー!

引用元:http://apache2001.co.jp/artist/fuchikami_yasushi/index.html

淵上泰史さんの血液型Wikiは?

映画ヘルタースケルターに出演?は?ドラマも!

花婿道中安達祐実さんと!

GoogleCMに出演、画像あり!

淵上泰史さんの彼女は?など

淵上泰史さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

淵上泰史さんの血液型などのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:淵上泰史(ふちかみ やすし)

出身地:和歌山県新宮市出身

身長・体重: 176㎝・65キロ

年齢:32歳

生年月日:1984年4月30日

血液型:非公開

高校:非公開

大学:流通経済大学中退役者へ転向

特技:ピアノ サッカー 書道

事務所:アパッチ

 

淵上泰史さんの公開予定の映画は?

2016年6月に公開される淵上泰史さんが出演される映画

「夏美のホタル」では、ヒロインの有村架純さんが演じる

 

夏美の父親役で登場しますが、夏美の幼い頃の回想シーン

で登場します。

 

そして2016年9月に公開予定の映画「にがくてあまい」にも出演されています。

ヒロインには、川口春奈さん、林遣都さんです。

 

淵上泰史さんは、立花アラタ役で登場します。

 

映画ドラマに引っ張りだこの淵上泰史さんに注目

したいと思います。

 

淵上泰史さんは、プロのサッカー選手を目指しガンバ大阪の

ユースチームに入団します。

 

ユースに入団出来るなんて、本気でプロを目指していたんですね。

同じチームには、丹波大輝選手、家長昭博選手がいました。

 

淵上泰史さんは、プロにはなれず流通経済大学に進みますが、

芸能界へ進路を転向します。

 

2009年には、舞台「野ねずみと子ねずみたち」に出演。

 

2010年には、写真家レスリーキーの写真集のモデルに参加する。

その時の写真集は「SUPER TOKYO」です。

 

淵上泰史さんが、2010年のデビュー前にテレビ出演した「行列の出来る

法律相談所」に、若槻千夏さんが、素人イケメンという形で

テレビで紹介した男性が、淵上泰史さんでした。

 

若槻千夏さんとは、友達だったようです。

 

映画ヘルタースケルターに出演?役は?ドラマも!

俳優としてのデビューは、2011年の映画「軽蔑」でした。

2012年には、映画ヘルタースケルター」に出演していますが、

 

を調べようと思ったのですが、

キャスト欄には、名前は載っていなかったので

 

この映画を観た方にお聞きした方が良いかと思います、すみません。

 

2014年には、大ヒットドラマ「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」

に、吉瀬美智子さんの不倫相手役をし一躍有名になりました。

 

ヒロインの上戸彩さんと斉藤工さんの禁じられた恋の行方が気になる

ドラマでしたね。

 

花婿道中で安達祐実さんと!

そしてこのドラマの後の映画花婿道中」では、安達祐実さんの

恋人役を演じる淵上泰史さんは、安達祐実さんとの濡れ場を

演じて注目されました。

 

その後も、沢尻エリカさん主演のドラマ「ファーストクラス」では、

矢野隆太郎役でも大注目された淵上泰史さんでした。

 

スーツ姿が似合っていましたね。

 

GoogleのCMに出演、画像あり!

GoogleCMで、ダンスが上手く踊れない子供達にダンスを

淵上泰史さんが教えるというCMでは、当時妻夫木聡さんに似ていると話題に

なっていましたが、妻夫木聡さんを超える日も近いと思います。

 

GoogleCM画像は⇒こちら

 

淵上泰史さんの彼女は?

淵上泰史さんには、現在彼女がいると言う情報はありません。

 

プロのサッカー選手を諦めて、22歳から役者の道を目指し

やっと芽が出始めた淵上泰史さんも、今は忙しくて作る暇も

ないと思います。

 

シネマトゥデイより

15歳で親元を離れ、プロサッカー選手を目指すも挫折し、

現在は役者として活躍する淵上泰史が、

 

映画『東京プレイボーイクラブ』で大役をつかみ、

その完成を一番待ち望んでいた祖父が撮影中に

他界した思い出や、今後の展望について語った。

 

もともとはサッカー選手を夢見て、

ガンバ大阪ユース流通経済大学に進学したものの、

プロの道は厳しく、道半ばで断念。

 

その後、幸運にも役者という仕事と巡り合い、

その道を歩み始めようとした淵上だが、

 

彼の挫折を知った両親の落ち込みを

目の当たりにしていただけに、

 

なかなかそのことを親には言い出せなかったという。

 

そんな折、彼が祖父に相談すると、

「淵上家から一人ぐらい役者が出てもええんちゃうか?」

と言って励ましてくれたのだという。

 

 その一言に押されるような形で役者になることを

決意した彼の活躍はめざましく、

 

2011年には映画『軽蔑』で俳優として本格デビューを飾り、

その後テレビドラマ「生まれる。」にレギュラー出演を果たす。

 

そしてついに映画『東京プレイボーイクラブ』への出演も決まり、

着々と役者としてのキャリアを築きつつあった。

 

 ところがそんな矢先、『東京プレイボーイクラブ』の撮影中に、

淵上の祖父が死去。

 

本作をスクリーンで観ることはかなわなかったのだが、

淵上は「きっとじいちゃんも天国で喜んでくれていると思います」

とほほ笑む。

 

 「役者としてのチャンスをつかんだからには、

死にものぐるいでやっていくしかない」と淵上は言う。

 

あこがれの俳優という大森南朋や光石研、浅野忠信、加瀬亮、

オダギリジョーを目指し、今後も上を目指して

歩み続けてくれるに違いない。

 

味のある役者さんで、興味深い方だと思います。

これからの作品も楽しみですね。

 

ここまでお読みくださり有難うございます。

1 >>次のページヘ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑