*

ナンシー関のいた17年!名言?妹!画像?マツコ!有吉,松本人志!中山秀征!コラム?

公開日: : 未分類

nansi-seki

ナンシー関のいた17年!妹の画像?コラム!

名言は?マツコデラックスと有吉?松本人志や中山秀征と!

などを掘り下げたいと思います。

スポンサードリンク

 


 


 


 


 


 


スポンサードリンク

ナンシー関のいた17年!妹の画像?コラム!

ナンシー関さんのWikipedia風プロフィールはこちら↓↓

本名:関 直美(せき なおみ)

出身地:青森県青森市出身

身長・体重:非公開

年齢:満39歳没

生年月日:1962年7月7日

血液型:?型

高校:青森明けの星高等学校卒業

大学:法政大学文学部第二部日本文学科を中退

職業:コラムニスト、消しゴム版画家

BS放送で、「ナンシー関のいた17年」を

私も観たのですが、また放送してほしいです。

 

ナンシー関さんの出身は、青森県で青森出身の有名人と言えば

棟方志功(むなかた しこう)で、20世紀を代表する版画の

日本の世界的巨匠の一人。

ナンシー関さんが通われていた小学校でも、美術の授業

が、熱心に行われていたといいます。

「えのきどいちろう」さんに認められて、いとうせいこうさんに

紹介してもらい「ホットドックプレス」でデビューする。

「いとうせいこう」さんに「ナンシー関」と命名される。

 

「消しゴム版画」として「ナンシー関」さんのコラム

注目されるようになります。

ナンシー関さんのコラムは、日増しに人気が出て

仕事の量も多くても彼女は、締切にはきちんと

間に合わせていたそうです。

 

妹さんの真理さんがお嫁に行く前は、

妹さんと同居し、食事は妹さんが

作っていたので良かったのですが、

妹さんが、嫁ぎ居なくなってからは

食事も外食が増えて、煙草も吸われて

いたので体には、良くなかったのでは

ないでしょうか?

ナンシー関さんが、愛しいと思える妹さんが

居なくなり寂しさも半端なかったように

思えます。

さんの画像を探しましたが、見つかりませんでした!

 

名言は?マツコデラックスと有吉?松本人志や中山秀征と!

絶対に結婚はしないと言うナンシー関さんが、

「嫁になりたい」と言った言葉には、

どんな思いがあったのでしょうか?

結婚したい相手とは、「ヒクソン.グレイシー」で格闘家です。

1998年に、高田延彦さんに、二回勝利をおさめています。

高田さんと言えば、この大事な試合前に選挙に出馬して

いてきちんとした練習も出来ずに、試合に望み敗退しています。

ナンシー関さんから言わすと、高田さんが、ちゃらちゃら

してるように見えたんだと思う事での、発言だったのでは

という事だったみたいですね。

 

そして次に、西田敏行さんが歌っていた

「もしもピアノが弾けたなら」が、ナンシー関さんは、

嫌いだったそうですね。

理由は、「受け手の受け止め方の解釈が一つしか

許されない、精神としての演歌」だと表現

していました。

ナンシー関さんの名言には、未来を予想しているものもあり、

柔道の谷亮子さんが、選挙に出馬するのではないかと

ナンシー関さんは、既に予想していました。

参議院選に15年後に谷亮子さんは、出馬しています。

そして、当時「猿岩石」だったアイドル「有吉」さん

についても、ナンシー関さんは、「何か引っかかる」

と気にかけていたそうです。

ただのアイドルじゃないと、見抜いていたそうです。

凄いですね。

ナンシー関さんは、最近良くマツコデラックスさんと比べられます。

有吉さんやマツコデラックスさんは、

ナンシー関さんの後継者なのではないでしょうか?

 

ナンシー関さんが中山秀征さんや山田雅人さんを

つまらないとバッシングしていた頃に、

誤解をといて認められてもらおうみたいなコーナーがあり、

そこで、中山秀征さんはナンシー関さんと生電話で3回程

話しています。

また松本人志さんと対談しています。

 

ナンシー関さんは、お友達が多く

お友達の誘いは、どんなに忙しくても

断らずに会う方だったようです。

2002年6月、帰りのタクシーの中で

具合が悪くなり、病院に運ばれますが

翌日の深夜に亡くなってしまいます。

虚血性心不全でした。

以前から、具合が悪く辛かったようですが、

病院に行く暇もなく手遅れになっていたよ

うですね。

今も、生きていらしたらどんなコラムを

書いていたんでしょうか?

何となくですが、コラムから離れて別の

事をしてる気もします。

1 >>次のページヘ

スポンサードリンク

まだまだ出てくるウラ話!

PAGE TOP ↑